ビジネスソリューション CMKが提供するビジネスソリューションが最先端と人とを紡いでいきます。

top >> ビジネスソリューション >> CMに任せて安心シリーズ

CMに任せて安心シリーズ

ヘルプデスクサービス

エンドポイントセーバーCWAT

セキュリティサービス

CMに任せて安心シリーズには、セキュリティサービスがあります。

今から紹介する例は、SSFC対応のICカードを利用したセキュリティサービスです。法改正等により、企業を取り巻く情勢が変わっており、その変化に対応できるセキュリティサービスを提案しております。

法制度・認証制度により、企業に求められる対応
昨今、法改正により下図のような対応が企業に求められるようになってきております。

法制度・認証制度により、企業に求められる対応

SSFCフォーマットと従来手法のフォーマットの違い
従来用いられていた資産・情報管理に対して、SSFC対応カードを使用することによる利点を下図に示しています。

SSFCフォーマットと従来手法のフォーマットの違い

提供できるセキュリティサービスの概要
企業内のスペースごとにPC(パソコン)およびプリンタのセキュリティポリシを強化することが求められています。下図にはそのスペースごとのセキュリティの違いを明示しています。

提供できるセキュリティサービスの概要

エンドポントセーバを用いたセキュリティ強化
スペースごとに次のようなセキュリティを提供できます。

1:共用スペース
共有で使用するPCには、「ICカードでログオン機能」・「ICカードのパスワード認証機能」を利用する事で、正しいICカードを所有しているユーザのみがPCを使用できるようになります。 また、「スクリーンロック機能」を使用することで、離籍時のPC不正利用を防止します。
2:業務スペース
業務用のPCには、「利用者の制限機能」を加える事によって、PCの利用者を制限できます。これにより、他のユーザがPCを不正に利用する事を防止します。
3:特定業務スペース
個人情報や機密情報を扱う特定業務エリアは、SSFC対応ゲートシステムと連動し、「入室時のカード利用チェック機能」を使用して、より高いセキュリティで対応できます。
エンドポイントセーバの概要
ICカードでPCログオン ICカードでPCログオン
PCログオンには、ICカードが必要となります。正しいICカードを携帯していないユーザは、PCにログオンできません。また、Windowsログオンに必要なID・パスワード・ドメイン名をICカード内部に登録し、自動で代行入力する事もできます。
スクリーンロック スクリーンロック
PC利用中にICカードを外すと、自動的にスクリーンロックが働き、離席時のセキュリティを向上させます。
PC利用者の制限 PC利用者の制限
利用を許可するPCや、利用者を限定したPC設定できます。
ICカードのパスワード認証 ICカードのパスワード認証
Windowsログオン時、スクリーンロック解除時に必要な情報は、セキュアなICカード内部に格納します。ICカードの認証に成功しないとWindowsに対してログオンできません。
入室時のカード利用チェック 入室時のカード利用チェック
SSFC対応のゲートシステムと連動させることにより、正しくゲートを通過した人のみWindowsログオン、スクリーンロックの解除が可能です。
PC操作の制御とログ管理 PC操作の制御とログ管理
CWATなどの連携ソフトウェアによるPC操作の制御や操作ログ管理が可能となります。(C-WATとの連携について)

■お問い合わせは、E-mailまたはお電話にてお受けしています。

TEL: 050-3733-2721(直通)
E-mail:toiawase@cmknet.co.jp

 

その他の事業

▲TOPへ戻る

ISMSプライバシーポリシー